意欲を取り戻すためにはどうしたら良いのか

心の病かもしれません

女性 意欲がわかないなどの症状が一定期間続くようなら、心の病である可能性があります。精神科などで薬物療法などの適切な治療を受ければ、治すことができます。できるだけ早く完治させるためには家族や身近な人の協力が不可欠です。

詳しく見る

心の病かもしれません

男性 意欲がわかないなどの心の状態は誰にでもあることですが、長引くときは心の病である可能性があります。まずは専門の医療機関に相談しましょう。そして治療期間中は早く回復できるよう家族や身近な人の協力や理解が大切です。

詳しく見る

意欲がずっと低いなら

医者 ずっと意欲がわかない状況が続いている場合には病院に相談に行くのが効果的で、精神面と身体面の両方から原因を探って対処をしてくれます。カウンセリングと検査を並行して行うことが多く、色々な原因があっても適切な治療を受けることが可能です。

詳しく見る

うつ病を疑って治療しよう

院内 現代病としてうつ病の認知度が高まるにつれて、悩みを打ち明けられる医師を探してクリニックに通おうという人が多くなってきました。意欲がわかないときには原因がうつ病かもしれないと考えられるほどに理解が浸透しています。

詳しく見る

意欲低下の原因と対処方法

ハートを持つ医者

意欲減退の原因に応じた対策をしよう

物事に前向きに取り組むためには意欲を持つことが重要ですが、意欲がわかないで困ってしまう人も大勢います。意欲がわかないと何に対してもやろうという気持ちを持てなくなってしまい、何もせずに一日が過ぎてしまうということが多くなります。意欲が低下しているという認識がないまま、本当に何もできなくなる状況に陥ってしまう人も少なくありません。特に仕事のように義務という意識で従事することもできるものに対しては、仕方ないという気持ちで取り組んでいて意欲の有無を考えることすら忘れてしまっているケースもあります。意欲がわかない状況に陥っていると気力も充実せず、あまり元気な様子ではなくなってしまうのが特徴です。少しでもその前兆があるようなら速やかに原因を探って対処することが重要になります。しかし、原因を探すことに対しても意欲を持てなくなっている場合が多く、自分一人で解決するのは困難になりがちです。専門家のサポートを受けながら解決を目指していくのが理想的な方法でしょう。心療内科では意欲がわかなくて困ってしまっている人への対応をしています。意欲の減退が気になったときにはまずは心療内科のクリニックに相談を持ちかけてみるのが賢明な判断です。

意欲がわかないのが悩みになっているという相談を持ちかけると、心療内科ではカウンセリングをおこなってもらえるのが一般的です。カウンセリングのゴールは意欲的に物事に取り組めるようになることですが、必ずしも原因を必死に究明して具体的な対策を立てていくという方針で進められていくわけではありません。症状に応じて適切な対応をしないと状況が悪化するリスクもあるからです。カウンセリングでは意欲がわかないと考えているのがどうしてなのかをまずは医師がヒアリングします。仕事に前向きに取り組めているか、日常生活の中に楽しみがあるか、仲の良い人がいるかなどといった様々な観点で質問を受けて回答していくのが通例です。そのヒアリングによってどのような形で意欲が低下してしまっているかを確認し、具体的な対策について話を進めていくことになります。場合によっては医薬品を処方して症状を緩和することもあり、薬を飲んでいれば意欲的に生活できるようになるという人も少なくありません。カウンセリングを続けていくことによって症状が改善していくケースも多く、大抵の場合には医薬品なしのアプローチが最初に選ばれています。医薬品を使い始めた場合にも症状の改善によって減薬をしていくのが一般的です。